学生ローンってどういうローン?

学生ローンってどういうローン?

お金を調達する方法として、ローンというものがあります。
ローンは、借金ですので必ず利息を付けて返さなければなりません。

 

多数あるローン商品の中でも聞きなれないのが「学生ローン」です。

 

これは、学生向けに行っているローンの事で、学生限定で行われています。
では、身分が学生であれば良いのかというと、そうではありません。

 

以前であれば、18歳以上の学生であれば利用することができましたが、法律の改正により、収入がない学生の借入が禁止となりました。

 

この法改正により、年収の3分の1以上の借入ができなくなったためです。
また、併せて20歳未満への融資も禁止されたため、満20歳以上でないと利用できません。

 

20歳以上であっても、アルバイトをして収入を得ているなど厳しい条件をクリアする必要もあります。

 

ただし、融資額は50万円ほどと低いという点に注意が必要です。
満20歳未満の方でローンを組みたいという場合はどうすればよいのでしょうか。

 

先ほども記したように、学生ローンは使うことができません。

 

方法としては、「親にお願いをして教育ローンを組んでもらう」か、「大学が実施しているローンに申し込むか」の2点があります。
銀行などが実施している教育ローンであれば、親に申し込んでもらうことによりお金を借りることができますが、教育関係にしか利用できません。

 

大学などが提携して実施しているローンや奨学金であれば、
学生本人で申し込むことができるので、こちらでもお金の調達は可能です。